子供と大人の矯正の違い|歯の矯正ができる歯医者は矯正治療の知識を豊富に蓄えている|tooth

矯正治療で最も適している時期と年齢とは

子供と大人の矯正の違い

歯型

子供の場合第一期と二期に分かれる

小児矯正で最もタイミングの良い時期は永久歯へ完全に生え変わる8歳といわれています。この時期は大人と同じように歯を動かせますが、早くに治療をする場合第一期と二期に分けて進めるのが一般的です。ただ、この部分は子供の歯の状態で大きく左右されるので一期を無視し、二期の治療を始めるパターンもあります。

大人の歯科矯正

子供違い、大人になると顎の骨がしっかりしているため、いつ矯正してもおかしくない時です。また、子供のうちに矯正ができなくても自分でお金を稼げるようになった時に始めるという人も沢山いらっしゃるため、遅いということはありません。

治療が必要ない場合もある

歯並びが悪いからといって今すぐに治療を開始するわけではなく町田の歯科医院では、まず患者さんのかみ合わせや歯の状態を見て、緊急を要する状態かどうかを確認します。相談が一番早いので、治療の有無を実際に聞いてみてもいいでしょう。

それぞれのメリット

大人と幼少期に始める矯正にはそれぞれ長所があります。大人の場合は、歯並びを治したことで見た目が良くなり、社会的評価が上がることでしょう。一方小児矯正の場合は、顎の形を良く保てるようになることや抜歯をする必要がなくなるなどがあります。

矯正中に気を付けたいこと

器具に付く食べ物はなるべく控える

粘着性のあるガムや餅は、装置にくっつきやすい性質があるのでなるべく食べないことが重要です。また、破損の原因になるため、外れた後もう一度矯正歯科医院を受診する羽目になるでしょう。

色のついた食事を食べ過ぎない

矯正中にカレーを食べると、装置に色が移ってしまうため見た目が汚くなります。歯磨きでは簡単に落とせないため、次の調整まで放置するしかないでしょう。

硬い物もNG

粘着質のあるものもそうですが、逆に硬いせんべいも装置を破損させる原因の一つです。矯正に慣れた頃は、装置の存在を忘れがちになるため、誤って食べてしまうことがありますが、意識していれば防げるでしょう。

装置が外れても放置しない

破損した場合や、何らかの理由で外れてしまった場合放置すると治療に影響を及ぼすことになりかねません。外れたらなるべく早めに町田の矯正歯科を訪れるようにしましょう。

取り外しができる装置の場合

ブラケットによる矯正と違い、取り外しができる装置だと取り外して治療できるメリットがありますが、装着している時間が短すぎると期間が短くなる危険性があります。効果を出すためには先生の指示を守ることが大切です。