矯正が必要な症例|歯の矯正ができる歯医者は矯正治療の知識を豊富に蓄えている|tooth

矯正歯科で治療が必要になる歯並びとは

矯正が必要な症例

医療器具

かみ合わせがおかしい場合

歯並びの影響で、上下が噛み合っていない状態だと、顎関節症を患う危険性があります。また、噛む力が偏ると体が歪む恐れがあるため体の健康のために矯正歯科での治療を考える必要があります。

歯科医に指摘された

名古屋駅の矯正歯科でも、歯並びの治療が必要な患者にはひと声かけるようにしています。それは決して営利目的ではなく、口腔状況と今後のためにアドバイスをしているので、素直に聞き入れることも大事でしょう。

一般的に治療が必要な歯並び

出っ歯

上顎が下顎よりも出ていることを出っ歯と言います。別のケースでは上下が出ている出っ歯もあるため、物を噛む時や審美的にも気になります。詳しい検査と適切な治療法で治すのが一番でしょう。

反対咬合

かみ合わせがしっかりしている歯並びは、上下が綺麗に噛み合っていることが条件となります。一方、下の歯が上の歯より前に出ている反対咬合は、物を食べる時顎に大きな負担を与えるので、早急に治療をすべきです。

乱ぐい歯

歯一つひとつが内側にあったり前にあったりなど乱立している歯並びは、歯ブラシがしにくく歯肉炎や虫歯を作りやすい環境だといえます。また口元周辺が不衛生に見えるので、見た目を気にするなら治療しましょう。

過蓋咬合

上の歯が下の歯を完全に覆いかぶさるような歯並びを過蓋咬合と言います。かみ合わせが深いことで前歯が異常に大きく見えたり、顎関節症を引き起こしたりする危険性があります。また、負担をかけすぎると歯周病の進行が早くなることもわかっています。

すきっ歯

歯の間が空洞になっているすきっ歯も歯科矯正治療の対象です。食べかすが詰まりやすくなることで歯茎に炎症が起き、歯周病のリスクをさらに上げます。また、物を上手く噛むことが難しくなるので胃腸に悪影響を及ぼすことがあります。